朝と夜のスキンケア時間

40代後半、非常に乾燥した地域に住んでおります

40代後半、非常に乾燥した地域に住んでおります。以前は毎朝顔を洗い化粧水、美容液とお高めのフェイスクリームを塗ってからマッサージをして、合計30分程は時間をかけていました。

しかし40代に入ってから肌の乾燥が目立つ様になり、いくら手入れをしても潤いが感じられなくなってしまいました。
そこで椿油やアルガンオイルを数滴手のひらに垂らしてマッサージ。時間があれば蒸しタオルで顔をカバーし、お手入れ時間は+10分。朝は40分程お手入れに費やしていました。

しかし土地柄なのでしょうか、午後になると益々肌に乾燥が見られる様になり、思い切って天然のオイルに頼る事にしました。
以前から雑誌で見た事はあった「なるべく顔を洗わない方法」です。
朝は蒸しタオルで顔を整え、洗顔はなし。そのあと化粧水とクリームのみに簡略化したところ、お肌の調子がよくなりました。
これで朝のケアは5分程。
ただし夜はしっかり洗顔します。入浴中にクレンジングをしますが、なんせ乾燥している場所なのでお湯をはった浴槽でもすぐ顔が乾燥してしまいます。だから、最近は浴槽の周りに化粧水やクリームを並べて、お風呂から上がる直前に軽く水気をとりながらすぐお肌のお手入れをします。入浴時間イコールお肌の手入れ時間として、だいたい15分位です。

以前はあれこれ良いと言われたものを使っていたのですが、今はなるべく自分の肌のチカラで補っているので、ケアの時間も短くなりました。
環境に肌が慣れてきたのかもしれません。年齢は重ねていますが、ケアの時間を逆に短くした事で肌も整ってきた気がするこの頃です。

注目情報

Copyright 2017 朝と夜のスキンケア時間 All Rights Reserved.