朝と夜のスキンケア時間

20代前半の私のスキンケアのテーマは

20代前半の私のスキンケアのテーマは、「美白」でしたが、アラサーとなった今のテーマは、「アンチエイジング」です。

スキンケアは丁寧にメイクを落とすところから始まります。仕事が終わり家に帰ったら、手洗いうがいをした後、アイメイクを専用リムーバーで落とします。お風呂に入って髪と体を洗い毛穴が開いたら、美容成分が大半を占めるジェル状のメイク落としで、マッサージをしながらメイクを落とします。以前は色々なメイク落としと洗顔料で何度も洗顔を行っていましたが、そうすると肌に必要な潤いも一緒に流してしまい、乾燥して毛穴も目立ってしまうそうです。
私も何をしても目立ってしまう鼻の毛穴に困っていましたが、メイク落としを変えただけで徐々に目立たなくなりました。

お風呂から出たら、1000円以下で購入したヒアルロン酸系の化粧水を、顔だけでなく首や手までたっぷりと塗ります。高い化粧水をちびちび塗るより、安い化粧水を惜しげもなく使った方が良いと聞きました。
また、首や手にも年齢が出るので、顔だけでは足りないと思っています。化粧水を塗った後は肌を叩かないで、化粧水が肌に染み込むように優しく押さえます。20代なら2回、30代なら3回という風に重ね付けするとよいそうです。

その後はシートパックです。
1000円以下で1ヶ月分の枚数が入っているものを使っています。春夏は紫外線対策のため、ビタミンCが多く含まれるもの、秋冬は乾燥対策のため、コラーゲンが多く含まれるものというように、季節ごとに変えています。シートパックは長くし過ぎても逆に乾燥してしまうので、数分でいいそうです。
パックが終わったら、化粧水・乳液・美容液・アイクリームなどの機能を兼ねたエイジングケア用のオールインワンゲルをたっぷり塗ってのマッサージです。
マッサージをすると老廃物が流れて顔が引き締まり、肌にハリが出て肌の色も明るくなります。マッサージ中に肌がゲルをぐんぐん吸い込んでいるのがわかります。
その後はドライヤーをかけながら表情筋のトレーニングです。
鏡で顔を見ながら、筋肉を意識して行います。最後に先程のオールインワンゲルを軽く塗ります。寝る時はスチームが出る機械をつけて寝ます。睡眠はたっぷりとります。朝起きたら、美容成分がほとんどを占めている洗顔フォームで顔を洗い、化粧水→オールインワンゲルでのマッサージをします。ゲルは化粧下地の役割も兼ねているので、この上にヒアルロン酸配合の上、UVカット効果のあるBBクリームを塗ります。
肌が老化する原因である、「乾燥」と「紫外線」を防ぐためです。
スキンケアには食べ物も大事です。
コラーゲンの粉末を飲み物に溶かして飲んだりします。油の制限を多くしすぎてもよくないようで、魚の油をとるとよいと聞いたので、魚をたくさん食べるようになりました。
スキンケアにあまりお金をかけることはできませんが、その分手間をかけようと思っています。

注目情報

Copyright 2017 朝と夜のスキンケア時間 All Rights Reserved.